四畳半風呂ナシ

いろいろとやります。日記や作品は各カテゴリーからどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

( ^ω^)のまわりはおちんちんだらけのようです

( ^ω^)のまわりはおちんちんだらけのようです

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:03:26.00 ID:l3IE30dB0
( -ω-)zzz

???「ブーン、朝よー、起きなさい!」

( -ω-)「うーん、もうちょっと・・・」

???「もう、遅刻しちゃうわよ?」

( -ω-)「わかったお、起きるお」

( ^ω^)パチッ

(U)「んもう、ブーンは朝に弱いんだから。
早く朝ごはん食べなさい」


( ^ω^)

(^ω^)

 
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:07:39.05 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「あの、カーチャン・・・その顔・・・」

(U)「なあに、私の顔に何か付いてるの?」

( ^ω^)「付いてます・・・」

(U)「そう、鏡で見てみるわ」

{鏡}(U)ジー

(U)「別に何もついてないじゃない、変な子ね」

( ^ω^)「そんな・・・」

 
10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:09:22.33 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「これは夢に違いないお・・・とりあえずごはん食べるお」

( ^ω^)「トーチャン、おはよ・・・」



(U)「ようブーン、おはよう」

( ^ω^)



(^ω^)


 

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:13:20.59 ID:l3IE30dB0
(U)「お父さん、早く食べないと会社に遅れますよ?」

(U)「ちょっと待ってくれよ、食後の一服ぐらいさせろよ」

(U)カチッ

スパー(U)y--

( ^ω^)(皮にたばこ挟んでる・・・)

(U)「もう、家の中で吸わないでよ、煙いじゃない!
それに、膀胱がんになるわよ!!」

(U)「はいはい」

 
14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:18:15.41 ID:l3IE30dB0
(U)「それじゃあ、いってきます」

(U)「あっ、待ってお父さん!」

 n
(| |)「何だ?」

(U)「ちんこが上に立っているわよ、直してあげるわ」

 n
(| |)「あっ、本当だ!これは気付かなかったな、ははは」

(U)「んもう、うっかりさん!」
   
    n 
(U)(| |)ハハハ


( ^ω^)(気持ち悪い・・・)

 
20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:22:48.96 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「いったい何なんだお、この世界は」

( ^ω^)「はっ、もしかして僕もおちんちんに・・・?」

{鏡}(^ω^ )ジー

( ^ω^)「よかった、僕は普通のままだお」

( ^ω^)「やっぱり夢なのかお?でも夢だとして、
こんな気持ち悪い夢見るのは人間失格モンだお」

(U)「ブーン、あんたも早く学校へ行きなさい!」

( ^ω^)「はあい」

( ^ω^)「とりあえず学校へ行くお」

 
22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:26:55.19 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)ガチャ

(U)ワンワン!

( ^ω^)「僕の愛犬までもがちんこに・・・」

(U)クゥン、ハッハッハッ!

( ^ω^)「うひゃあ!じゃれつくな!気持ち悪い!」

(U)ウーーーッ!

( ^ω^)「怒って牙をむいているみたいだけど、牙がないお。
むいているのは皮ぐらいだお」

( ^ω^)「これがホントのチン面犬か・・・」


 
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:34:06.20 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)キョロキョロ

(U)(U)ペチャクチャ

(U)「それでね、うちの旦那に、みっともないから無精チンゲぐらい
剃りなさい、って言ってもぜんぜん剃ってくれないの」

(U)「まあ、あなたのところも?私もそうなのよ、
うちの旦那なんか40過ぎてるのに未だに亀頭の周りに
チンカス付けてるのよ、小さな子どもじゃあるまいし」

(U)「全く大変よねえ」

(U)「ねーえ」

 
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:37:46.59 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)キョロキョロ

(U)「グーリーコ!」

(U)「パイナツプル!」

(U)「グーリーコ!」

(U)「チヨコレエト!」

(U)「あっ、お前チンコ伸ばすのは反則だぞ!」

(U)「そんなことしてないよ、何年何時何分地球が何回まわった時俺がそんなことしたの?」

ヤンノカ?(U)(U)ナンダトー!

 n  n
(| |)(| |)ボコスカボコスカ



 
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:42:46.66 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「駄目だこいつら・・・はやく何とかしないと」

???「ブーン!おーい、ブーン」

( ^ω^)「後ろから聞こえるこの声は・・・ドクオ?」




(U)「おはようブーン、今日はずいぶん遅いじゃねーか!」

( ^ω^)


( ^ω^)「予想はしてたが・・・まさかコイツまで・・・」



 
34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:47:45.40 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「おはようドクオ」

(U)「ああ。それより今朝はツンと一緒じゃないのか?」

( ^ω^)「ツン!?」

( ^ω^)(もしかしたら、彼女まで・・・)

(U)「いつもブーンと一緒なのに、珍しいよな」

???「ブーン・・・!ブーン待って!」

(U)「お、噂をすればなんとやらだ。恋する二人は惹かれあうんだな、
アツいね、ピューピュー」

( ^ω^)「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ」

 
38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 17:51:55.29 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)(逃げちゃダメだ、もしかしたらツンは大丈夫かもしれないお、
ファイトだお、僕!)

( ^ω^)ソー

( ^ω^)チラッ



ξ(U)ξ「もう、ブーンったら!なんでそんなにびくびくしてるのよ!」



( ^ω^)「なんかもういろいろとおかしいお」

 

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:00:16.42 ID:l3IE30dB0
(U)「ツンはブーンにフォーリンラブだもんな、ウピピッ」

ξ(U)ξ「チン汁かけないでよ、汚いわね!
それに、私は別にブーンの事なんか気にしてないんだからね!!」

(U)「口ではそんな事言ってても、体はしっかり反応してるじゃねえか!」

   n
ξ(| |)ξ「!!こ、これは、その・・・あの・・」

(U)「どうしたんだ、ええ?」



( ^ω^)「今の僕には理解できない」

 
54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:09:07.08 ID:l3IE30dB0
ξ(U)ξ「そ、そういうドクオだって、クーのこと好きなんでしょ!」

 n
(| |)「あ、あんなやつ、別に・・・」

ξ(U)ξ「ほら見なさい、答えられないってことは、やっぱり
好きなんでしょ!!」

ξ(◎)ξ「ブーン、あんなヤツほっといて学校に行くわよ!
ほら!」

( ^ω^)(こっちみんな)



 
60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:15:02.39 ID:l3IE30dB0
キーンコーンカーンコーン

ξ(U)ξ「あっ!チャイムが鳴ってるわ!急ぎましょ!」

(U)「ほーら、あと10秒で校門閉めるぞー、
10,9,8・・・」

ξ(U)ξ( ^ω^)ダダダダッ

( ^ω^)「ふう、間に合った・・・」

ξ(U)ξ「良かった、あれ?ドクオは?」

(U)「ブーン、ツーン、待ってよー!」

(U)「あと5秒だぞ、5,4,3・・・」

(U)「ちくしょう、こうなりゃすべり込みだ!」

(U)ザシュー!!

 
63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:18:32.02 ID:l3IE30dB0
(U)ガッ!

(U)「いってー!チンコが校門に挟まれた!!」

(U)「ギリギリで来るからだぞ、次からは気をつけるんだな」

ドバー(U)「いってー、いてーよー!!」
    川

ξ(U)ξ「あらら、ドクオが泣いちゃったわ」

( ^ω^)(ずいぶん黄色い涙ですこと)

 
66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:26:40.84 ID:l3IE30dB0
ξ(U)ξ「あらドクオ、血が出てるじゃない、保健室行きなさい」

(U)「うん、そうするよ」

ξ(U)ξ「あっ、大変!ブーンもヒザ擦り剥いてるじゃない」

( ^ω^)「ああ、走ってるとき校門の壁で擦っちゃったんだお、
たいしたことないお」

ξ(U)ξ「だめよ、破傷風になったら大変よ、行ってきなさい!」

( ^ω^)「平気とは思うけど、じゃあ、そうするお」

(U)「行こうぜブーン」

( ^ω^)「うん」

 
69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:30:39.27 ID:l3IE30dB0
保健室前

(U)「ガラララ、おじゃましまーす」

(U)「って、なんでクーがいるんだ!」

川U)「保健委員だから当たり前じゃないか、
ん?ブーンもいるのか」

( ^ω^)(保健委員がちんこまるだしって衛生上
大丈夫なのかお?)

( ^ω^)(というかクーまでちんこになってることにもう驚かない
自分が怖いお。これがサブリミナルかお)

 
72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/12(土) 18:36:51.43 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「僕はただヒザを擦り剥いただけお。
それより、ドクオのほうが大惨事だと思うから、そっちを
先に見てやってお」

(U)「ブーン、やさしいんだな」

川U)「それじゃあ、ドクオから観るか、ちょっと顔近付けて」

(U)(U川ジー

( ^ω^)(なんか異様な光景だお)

(U)(お、俺今クーに見られてる・・・ドキドキ)

 n
(| |)ハウッ!

川U)「うわっ!」

 
129 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:08:10.13 ID:l3IE30dB0
川U)「まったく、びっくりしたじゃないか」

(U)「ご、ごめん・・・」

川U)「よし、もう一回観てやるから、今度は気をつけろよ」

(U)(U川ジー

川U)「うーん腫れてるな」

川U)「消毒が必要だ」

川U)つ□「このヨーチンでな」

( ^ω^)(言うと思った)


 
132 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:13:23.23 ID:l3IE30dB0
      n
ビクビクッ(| |)。ー⊂(U川トントン

(U)「クー、その、すごく染みるんだが」

川U)「普段からちゃんと剥いていないから敏感なままなんだ」

川U)「80歳まで健康なちんこを保つためには、食後のケアが大切なんだぞ」

(U)「は、はあ」

( ^ω^)(食後って何だお、第一、どうやって飯食うんだお)


 
135 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:18:56.98 ID:l3IE30dB0
川U)「さて、次はブーンだ」

( ^ω^)「う、うんだお」

川U)「さて、もっとよく傷口を見せてみろ」

( ^ω^)
(    )
| | | (U川ジー
(   ) )

川U)「おい、いやらしいこと考えてんじゃないのか」

( ^ω^)「自分の顔見てそんなセリフ言えよ」

( ^ω^)(クーの顔のちんこの位置が僕のリアルちんこに近いんだお)

( ^ω^)(なんだが共鳴しそうだお)

 
137 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:25:44.08 ID:l3IE30dB0
川U)「消毒も済んだし、絆創膏も貼ったからもう大丈夫だ」


(U)( ^ω^)ノシ       (U川

(U)「ガラガラ!失礼しました」

(U)「いやあ、一時はどうなるかと思ったよ、ははは」

( ^ω^)(一時どころじゃなく、すべてどうかしていると思う)

(U)「おっと、英語の授業が始まる、急ごうぜ」

( ^ω^)「う、うん」


 
144 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:33:09.34 ID:l3IE30dB0
(U)「ガラガラガーラ!失礼します!授業遅れてスマンコスマンコ!」

???「全く、関心デキマセンネー、ハヤク席にスワリナサーイ」

( ^ω^)(英語の先生は外人だったお、たぶん先生もちんこに・・・)

( ^ω^)「遅れてすみませんお」

(| |)「オクレタ分はチャントトリカエシテクダサーイ」
 | |
 ∪



( ^ω^)(でけえ・・・正直カルチャーショック・・・外人とはいえ
顔ちんこに負けるとは・・・)

 
146 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:39:56.08 ID:l3IE30dB0
(| |)「Do you know Oyashirosama?」
 | |
 ∪
(| |)「この文は疑問文ナノデ最後はアゲマース」
 | |
 ∪

(| |)「ソレデハ一緒に言ッテミマショーウ」
 | |
 ∪

(| |)「Do you know...」
 | |
 ∪

 n
 | |
(| |)「oyashirosama?」



 
155 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:53:36.65 ID:l3IE30dB0
(| |)「Repeat after me!」
 | |
 ∪

(U)ξ(U)ξ川U)ノハU)「Do you know...」

 n   n    n   n
(| |)ξ(| |)ξ川| |)ノハ| |)「Oyashirosama?」

(| |)b「Good!」
 | |
 ∪


 n   n    n   n
(| |)ξ(| |)ξ川| |)ノハ| |)「year!」


 
157 :1 ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 21:59:36.83 ID:l3IE30dB0
(| |)「ヘーイ!ミスターブーン!アナタも一緒にヤラナイカ!」
 | |
 ∪

( ^ω^)「できるか!」

ξ(U)ξ「ブーン.ったらノリ悪いわね」

( ^ω^)(ノリとかいう問題じゃないお)

キーンコーンカーンコーン


(| |)「オウ、残念ですが授業はココマデ。See you next again!」
 | |
 ∪

( ^ω^)「fuck you!」

 
163 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:07:13.39 ID:l3IE30dB0
(U)「次は体育だな」

ポキポキξ(U)ξ「腕が鳴るわ!」

( ^ω^)「すごく、いやな予感です・・・」

ξ(U)ξ「あたしたち女子が先に着替えるんだから、
男子は出てってよ!」

(U)「はいはい」

三ξ(U)ξ川U)ノハU)   |教室|

(U)「うちの女子は美人が多いのに、もったいないぜ」

 
172 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:15:01.92 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「あっ、教室に体操着忘れたお」

(U)「おいおい、それってチャンスじゃね?」

( ^ω^)(ちんこの裸見れることのどこがチャンスなんだお・・・)

( ^ω^)「まあいいお。取りに行くお」

(U)「羨ましいなあ」

( ^ω^)ガラガラ



 
173 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:15:35.36 ID:l3IE30dB0
\   キャーーーー!!  /
 ξ(U)ξ   川U)  ノハU)
 (。人。)   (。人。)(。人。)
  (  )    (  )  (  )
 / Y \ / Y \/ Y \


ξ(U)ξ「ブーンの変態!訴えるわよ!」

( ^ω^)「こっちこそお前らを公然わいせつ罪で訴えたいお!!」


 
334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/01/13(日) 00:07:01.63 ID:uV4UK6tEO
センター一週間前だと言うのに何やってんだ俺は…

 
188 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:22:21.45 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「とにかく、体操服取りに来ただけだお、すぐ出るお」

  n
ξ(| |)ξ「まったくもう、そんなこと言って私の裸見に来たんでしょ?」

川U)「おやっ、ツンちゃんはなんでちんこ立ててるのかなあ?」

ノハU)「あれ?もしかしてツンちゃんに気があるの?ピューピュー」

( ^ω^)「こっちから願い下げだお」

 
191 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:28:10.91 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)ガラガラ

( ^ω^)「まったく、とんでもないことだお」

 n
(| |)「なあなあ、女子の裸どうだった?kwsk教えてくれよ!」

( ^ω^)「ん?見たけりゃいくらでも見てこいお」

( ^ω^)(そういえば、男子は股間のちんこは付いているのかお?)

( ^ω^)(まあいい、着替えのとき確かめるお)

ξ(U)ξガラガラ

ξ(U)ξ「次は男子の番よ!!」

( ^ω^)(U)「はーい」



 
199 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:35:54.28 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)(ドクオがズボンをぬぎ始めたお)

(U)
( )ヌギヌギ

( ^ω^)ズームアイ

( ^ω^)(もっこりしてるお・・・どうやら股間にもあるみたいだお・・・)

 n
(| |)「どうしたんだブーン、俺の股間をじろじろ見て・・・まさかその気があるのか・・・」

( ^ω^)「ねーよ、それからちんこ立てんな」


 
202 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:42:13.48 ID:l3IE30dB0
(U)「さて、着替えたことだし、グランドいこーぜ」

( ^ω^)「うんだお」

(U)( ^ω^)タッタッタッ

( ^ω^)「そういえば今日は何するんだお?」

(U)「わからんが、陸上じゃねーの?」

( ^ω^)「なんだ、案外普通そうだお」

(U)「何を期待してたんだ?」

( ^ω^)「いや、期待はしてないお」

 
206 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:46:45.95 ID:l3IE30dB0
(U)「まだ先生着てないな」

( ^ω^)「ん?あそこから走ってくるのは・・・」

???「いやー、遅れて済まん」



(|  |)「出席簿をなくしてな、探してたら遅れちまった、ははは」
 |  |
 (__)







( ^ω^)(英語とは別の意味ででかい・・・)

( ^ω^)(いかにも体育教師って感じだお・・・)

 
213 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:53:06.42 ID:l3IE30dB0
(|  |)「遅れたからって、授業を減らすようなマネはしないからな」
 |  |
 (__)

(|  |)「まずは準備体操だ」
 |  |
 (__)


(|  |)「関節をほぐさないと、大事故につながるから、体操は大事だぞ」
 |  |
 (__)


(|  |)「まずは、顔ちんこを大きく回す運動、ほい1・2・3・4」
ミ|  |グルングルンザブングルン
 (__)

( ^ω^)「ええぇー!なんじゃそら!」

 
220 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 22:57:11.81 ID:l3IE30dB0
(U)「せんせーおれ短すぎてその運動できないよー」

(|  |)「しょうがないな、じゃあ代わりに上下運動を5セットやれ」
 |  |
 (__)

(U)「はーい」

 nミ
(| |)ブルンブルン
 U彡

( ^ω^)(気色悪・・・)

 
226 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:00:58.64 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「せんせー」

(|  |)「なんだ?お前もか?」
 |  |
 (__)

( ^ω^)「そもそもちんこがありませーん」

(|  |)「そんなはずないじゃないか、ふざけてるのか」
 |  |
 (__)

( ^ω^)「じゃあそのない目でしっかり見てみやがれ!!」

 
228 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:04:17.85 ID:l3IE30dB0
ジー(|  |)(^ω^ )
   |  |
   (__)

(|  |)「あれ・・ない、ちんこがない・・・」
 |  |
 (__)


(U)「本当だ・・・ない」

ξ(U)ξ「なんで、ブーンのちんこはないの?」

川U)「いや、それよりも・・・」





――なんで私たちは顔にちんこをつけているんだ?

 
235 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:07:32.46 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「・・・・・・・」

川U)「な、なんで私たちは・・・」

ξ(U)ξ「ええ?私、こんな気持ち悪いものぶら下げていたの?」

(U)「おい、だれかはずしてくれよお!このちんこ!」


( ^ω^)「・・・何が起こってるんだお?」

???「ちくしょう、お前のせいで・・・」

( ^ω^)「ん?だれだお?」

???「お前のせいで!!おれの計画が!!」

 
244 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:14:41.40 ID:l3IE30dB0
(#・U・)「おまえも、ちんこになっていれば!おれの計画は完璧に成功したんだ!」

( ^ω^)「お前、その鼻・・・」

(#・U・)「そうさ、変だろう、ちんこにそっくりだろう!この鼻のせいで今まで俺はいじめられた!
人生を壊された!」

( ^ω^)「それで・・・」

(#・U・)「だから、みんなちんこにすることを決めた!この装置を使えば、日本中の人の顔をちんこにして、
それが当たり前のように感じさせる催眠をかけることができる!」

( ^ω^)「そして、全国の人に催眠をかけ、顔をちんこにしたのかお・・・」

(#・U・)「そうだ!だが、お前には効かなかった!なぜだ!なぜなんだ!」

( ^ω^)「んなこと聞かれても・・・」

 
250 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:17:57.03 ID:l3IE30dB0
(#・U・)「俺はお前が憎い!殺してやるぅ!ころしてやるーーーーーーーーーーーー!!」

( ^ω^)「ほ、包丁!?物騒だお!やめろ!」




                    +
(#・U・)つ―|ニニニニニニニニフ       (^ω^ )
                 +    



 
255 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:23:03.08 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「そんな危ないもので・・・」       

             +
(#・U・)つ―|ニニニニニニニニフ       (^ω^ )
                 +    

( ^ω^)「遊んじゃ・・・」
(#・U・)「なに!?」

       フッ                +
(#・U・)つ( ^ω^)―|ニニニニニニニニフ       
                 +   

( ^ω^)「いけませえええええええええええええええええん!!」
(#・U・)「ほ、包丁を奪われた!?」
 
                    +
( ^ω^)―|ニニニニニニニニフ      (・U・#) 
                 +    


 
260 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:30:01.74 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「そんなにちんこっ鼻が嫌なら無くしてやるお!!」

( ^ω^)「秘儀・竜激斬波零式!」

                    +
三( ^ω^)―|ニニニニニニニニフ      (・U・#) 
                 +    

                                   +
(・U・#)                三( ^ω^)―|ニニニニニニニニフ      
                                 +    
  
   U
  / ポーン                                +
(・0・#)                    ( ^ω^)―|ニニニニニニニニフ      
                                         +

(・0・#)「鼻があああああああああああああああああああああああ!!」    


 
268 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:38:36.42 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「さて、うちの知り合いの医者に頼めばまともな鼻にしてくれるお。
ただ、その前に、みんなの顔をを戻してくれお」

(・0・#)つ□「この機械を破壊すれば、元に戻る・・・」

( ^ω^)「わかったお」

      ミ
( ^ω^)つー●
        □バキッ


 
269 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:39:19.96 ID:l3IE30dB0

('A`)「ん?あっ、戻ってる!!」

ξ゚⊿゚)ξ「やった!やったよ!おーおおおお!」

川 ゚ -゚)「もうちょっと体験していたかったが、まあいい」

ノパ⊿゚)「おおおおおおおおおお!ちんことれたあああああああ!」

英語教師の部屋

ハハ ロ -ロ)ハ「オーーー!モドッテマース!」

体育教師

 ( ゚∋゚) 「おお?戻ってる?」

 
276 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:42:25.72 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)「さあ、君も早く病院へ行くお!」

( ・0・)「いや、もういい。僕が愚かだったんだ。
君を見ていると、人間、容姿じゃないなって、思ったんだ」

( ・0・)「僕はこのまま出血多量で死ぬよ、それがせめてもの罪滅ぼしだ」

( ^ω^)「そんな・・・」

( ・0・)「最後に、僕の鼻を渡してくれないか、それが無いと地獄へ行けん」

 
281 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:46:45.84 ID:l3IE30dB0
( ^ω^)つU (-0- )

( -0-)「ああ、ありがとう・・・
迷惑掛けて、す、まなか、ったy・・・・」


こうして、僕のおちんちんだらけの一日は幕を下ろしたのだった。

 
290 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:50:19.12 ID:l3IE30dB0
エピローグ

チーン( -ω-)人

|ちんこ鼻太郎|
|ここに眠る  |
|(0721-1919) |
{          }

( ^ω^)「さて、帰るお」

あれから、彼の遺体は埋葬された。

 
302 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:52:52.92 ID:l3IE30dB0
僕は、今日彼の墓にお参りしにきた。

墓に、チンチンという品種のバラを添えてやった。
僕の精いっぱいの皮肉だ。

何もかもが元通りになった。
親も、友人も、先生も。


 
307 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:56:06.89 ID:l3IE30dB0
あ、そうそう、なぜ僕にあの機械が効かなかったのかがわかった。

それは、僕の顔に免疫ができていたからだ。
その免疫は・・・


( ^ω^)つω「これのことだお」

もともとこれには、金玉成分が含まれていた。
そのおかげで、僕にはチンコ関係の物は全く効かなかったのだ。

 
314 : ◆wV78i2v2/M :2008/01/12(土) 23:58:36.88 ID:l3IE30dB0
ちゃんとオメガという名称があるのだから、
そのように呼んでもらいたいでござる、プンプン。

まあ、そんなこんなで、この物語は終わりです。

ブーンの戦いは、たぶん終わらない!



 

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。