四畳半風呂ナシ

いろいろとやります。日記や作品は各カテゴリーからどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ξ゚⊿゚)ξまんこと私の10の約束のようです(i)

ξ゚⊿゚)ξまんこと私の10の約束のようです(i)

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/22(木) 22:14:22.26 ID:JaOA6CF70
                                / ゙̄、
                                 /   ゙、
                                ___冖___
                             |___ ____|
             。                |  _ _  |                       ・
                ・              / |  _ _  |  ゙、          。  ゚
       ゚   ゚                   /   |__     __| 、 ゙、      . ゚       。 ゚。      ,,
       ,゙ ・。゚ 。。 ゙ 。       ,         / / //| |\\ ゙、 ゙、   . ・    ゚ 。 ・   。o   ・ ゚。
_ _ _ _ _ ゙。 ・ :.o。・: ;__ 。_ __ _ __ _ / /_゙ |  ̄ l ___| |_ _ ゙、 ゙、 _ __ _゚_ _ _。o _ 。・_ _ 。゚, o_ _ ゚__
。-、=・.ー: 。 ゚。,゚o゚ o"。;o ー ≡ ー = 三/ / ゚ _ | l | |     | 。_゙、 ゙、 ─ ゚ = 三 -゚ =゚ _冫゚o  -。 ○ -
.゙ 。。゚o  ・  ゚。o゚;・゚冫。゚ _ 三  ー 二/ / .ー _ l   |_|  l l  |_ =゙、 ゙、 三゚ _ o゚= - "_ o -゚。"0。゚。゚・o ゚-。
 。 、゚。゙。ゾ。゚・.' o゚。"。 :゚- 。。ー 三 / / 二。 | l |_   _| 三 ‐゙、 ゙、。─ 二 。 =`_ 。。二 '゚。o,; ゚・;゚。 =
゚_ = ゙_ノlllliilllllll ゚。;" . :=  - 二 _ -/ /  _。= |___|//\\ 。─_ ゙、 ゙、 二 -゚  二  ─。・。゚o;゚ lll。・ ゚。。゚_
 ・゚/iiiillliillllllllll`ー、゚。'   ゚  。─  / /___'_____ ̄____ ̄_______゙、 ゙、 ─ = 。 二 ・゚ ゚o。'゚。・iilll 。lll 。  。
:.: i´iilllllliiilllllllllllllll 。゚o," ゚o ・;,  ̄ |___________________| 。。二  ̄  。- _゚o。o・llllllloilll。。lllo

S  H  O  U  C  H  I  K  U



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/22(木) 22:16:46.81 ID:JaOA6CF70

ツンがある日お風呂に入っていると股間に違和感を感じました。

ξ゚⊿゚)ξ「なんだろこれ?」

気になった彼女はかがんで股間を凝視します。
果たしてそこにあったのは。


(i)「くぱぁ……くぱぁ」


今にも倒れそうな弱った仔まんこでした。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/05/22(木) 22:19:47.08 ID:JaOA6CF70

ξ゚⊿゚)ξ「なあに、これえ?」

怪訝な表情をするツン。
まだ5歳の彼女にとって、まんこという存在に触れるのは
初めてだったのでそれも仕方無いでしょう。

ξ゚⊿゚)ξ「おかーさーん!おまたにへんなのいるよー!」

大声で自分を呼ぶ彼女の声を聞き慌てて母親が駆けつけます。

J( 'ー`)し「ど、どうしたんだい?」

ξ゚⊿゚)ξ「みてー。これなにー?」

ツンはまんこを指差します。


つづきを表示

PageTop

|  ^o^ | じさつします | ^o^ | そのようです

|  ^o^ | じさつします | ^o^ | そのようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/07(水) 20:33:54.42 ID:vZe4a6yN0

つづきを表示

PageTop

いやっほう!

空飛ぶまんこ


キャホーーーー!
絵スレで絵をもらっちったよおおおおおおおおおおおおお!!
ウレピー!

今まで絵とかあんまり描かれた事無かったから本当に嬉しいです。
思わずプロフィールに入れちゃいました!
本当ありがとう!!

PageTop

ξ゚⊿゚)ξのまんこと耳が入れ替わるようです

ξ゚⊿゚)ξのまんこと耳が入れ替わるようです

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/26(土) 20:13:02.43 ID:3UdLXbLY0
VIP市の住宅街の一角。
そこにある一軒の家の中からは不思議な声が聞こえていた。

ξ///)ξ「あ、あふう……」


彼女はツン。ただの女子高校生だ。
ツンは、最近の女のオナニーに疑問を感じていた。
それからなんだかんだでセルフクンニを試してみることにしたのだ。

ツンのお口の宗一さんが彼女自身の安宅家へと伸びていく。

ξ///)ξ「あ、あふう、もうちょっと……」

彼女が今まさにセルフクンニちゃんを成功させようとしていたその時。

地面が、大きく揺れた。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/26(土) 20:14:14.09 ID:3UdLXbLY0
グラグラグラグラ

ξ゚⊿゚)ξ「地震!?」

ツンはあわてて身を庇おうとしたが。

ゴツン!

ξ゚⊿゚)ξ「アイヤー!!」

本棚から降って来た広技苑に頭をぶつけ、気絶してしまった。

――――――――――――――――――――。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/26(土) 20:18:05.81 ID:3UdLXbLY0
ツンが目覚めたのは、それから数時間後の事であった。

ξ(i)゚⊿゚)ξ「いたた……地震があるなんて聞いてないわよ」

ξ(i)゚⊿゚)ξ「なんか顔に違和感があるわね……」

ξ(i)゚⊿゚)ξ「まあ、いいか。それよりニュースで地震のことを確認しなきゃ」

ツンはすぐにテレビの電源を入れた。

TV「続いては地震についてです。今日昼過ぎ、VIP地方で震度5ぐらいの
地震が起きました。怖いですね」

TV「次のニュースです」

TV「ヤンキースの松井選手が死にました、なんたらかんたら……」

ξ(i)゚⊿゚)ξ「あんま大した事無かったのね」

つづきを表示

PageTop

( ^ω^)嫌なようです

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。